Home
第4期シニアハウジングライフサポーター養成講座~第1回報告~ プリント メール
記者 ワンネス事務局   
2015/10/03 Saturday 11:15:11 JST
はてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに追加
livedoor
Delicious
Digg
Technorati

シニアハウジングライフサポーター養成講座~第1回報告~

 

今年もいよいよスタートしました、シニアハウジングライフサポーター養成講座。

今回で4回目の開催となります。今回の受講参加予定者数は、23名。

定員は20名だったのですが、多くの方がお申込みくださいました。 

まずは、9月27日(日)に第1回目が無事に終了しました。

 

第1回目の講座内容は・・・

①高齢者を取り巻く環境と問題

②高齢者・障害者への安心システム

③協働事業とシニアハウジングライフサポーターの役割 

以上の三本立てでした。

 

受講風景はこんな感じ。

cimg4569.jpg

 ◀まずは、豊中市高齢施策課の篠原さんより、「高齢者を取り巻く環境と問題について」。

 

豊中市の高齢者数等の状況を大枠として、さらに詳しく小学校区ごとの高齢化率や、小学校区ごとの要支援・要介護認定者認定率などをお話くださいました。

豊中市全体の高齢化率は24.7%。高齢化率が高いところでは、学校区内の全人口に対して、37.6%が高齢者だとか・・・。豊中市では、今後、高齢者が増えていく中で、地域包括ケアシステムの構築を目指していくとのこと。住み慣れた街で、高齢の方が住んでいくには、本人・家族だけではなく、地域で高齢者を支えていかなければいけないですね。

  続いては、高齢者・障害者への安心システム

cimg4571.jpg

cimg4573.jpg

 

◀豊中市高齢者支援課 松下さんによる「高齢者福祉サービス」

 

 

 

 

 

 

 

 

 ◀豊中市障害福祉課  鳥山さんによる 「障害者への安心サポートシステムについて」

 

 

 

 

 

 

 

行政がどのようなサービスを提供し、給付を行っているのか、それらの種類を学ぶことができました。

高齢者や障害者がどのようなサービスを必要としているのか・・・どのようなサービスや給付を受けることが出来るのかということを知っておかなければならないと思いました。 

cimg4585.jpg

 

 

◀最後は、NPO法人ワンネス理事長 望月による「協働事業とシニアハウジングライフサポーターの役割」について。

 

 

 

 

 過去実績や事例を踏まえながら、豊中市とどのような取り組みをしているのか、サポーターに担って頂きたいことなどをお話させて頂きました。

 

 

  の後、第2回、3回・・・と続いていきますが、受講者の皆様には沢山の知識を吸収して頂ければ思います。

 

次回は、10月4日(日)。住宅についてのテーマで実施させて頂きます笑顔 

 

最終更新日 ( 2015/10/03 Saturday 16:00:15 JST )
 
次へ >

イベント情報

グットニュース

NPOワンネス イベントスケジュール
大阪府あんしん賃貸
高齢者賃貸住宅 関西 シニアハウジング情報
ワンネスRSS配信
 Copyright © 2017 ホリスティックな社会の実現を目指すNPOワンネス, All Rights Reserved. Our site is valid CSS Our site is valid XHTML 1.0 Transitional